テザリングの複数台接続のメリット・デメリット

外出先などでインターネット環境を利用する場合、Wi-Fiルーターなどを利用して、インターネットに接続する方法があります。しかし、Wi-FiルーターはWi-Fi機器とは別にルーターを用意しなければならないため、その分費用がかかってしまいます。そこで、テザリングを利用すれば、そのような心配は不要です。テザリングは、スマートフォンなどのテザリング端末を利用して、Wi-Fiルーターの代わりにWi-Fi機器のインターネット接続を行います。そのため、Wi-Fiルーターは不要となり、スマートフォンなどが一台あれば複数台接続でインターネットを利用することができます。パケット代金も、Wi-Fiルーターなどを別に用意するよりも低額になります。しかし、デメリットも存在しています。テザリングで複数台接続を行った場合、スマートフォンなどの電池の消耗が非常に激しくなります。そのため、いざというときに通話できないことも起こります。また、通信量の増加に伴いパケット通信の速度制限に引っかかる可能性も出てきます。この他にも、テザリング使用料などの費用が、毎月の支払いに加算されることもあります。そのため、しっかりとメリットとデメリットを把握して利用する必要があります。