テザリングの意味とメリット

スマートフォンやタブレットなどの携帯端末では通信使手段が限られているのが現実ですが、スマートフォンであれば通信回線を保有しているため簡単にインターネット接続が可能です。しかしタブレットパソコンやノートパソコンでは通信回線が組み込まれていないために、本体だけでは通信ができない状態となります。現在のモバイル端末にはほとんどにwi-fi接続の機能がありますが、通信手段を持つモバイル端末を無線中継点とすることで通信回線を確保することが可能です。テザリングと呼ばれている機能ですが、wi-fiテザリングとBluetoothテザリング、USBテザリングの3種類があります。テザリングは通信回線の中継点の意味を持ちますが、モバイル端末や回線の契約状況によっては使用できないケースもあるため、端末選びや回線選びが重要な意味を持ってくると言えます。キャリアの携帯端末でテザリングを行うには別途契約をする必要があるため、そのままでは利用することができないのが普通です。しかし最近ではSIMフリースマートフォンの登場によりモバイルルーター以外でも使用できるようになっています。スマートフォンやモバイルルーターがあれば、テザリングによって色々な機器を接続してインターネットが楽しめるのです。